腕時計でオシャレを極める

腕時計のベルトは用途に合わせて

腕時計とは、腕に巻いて使用する、小さな盤面がついた時計のことです。
腕に巻くために、ストッパーがついているものをベルトといいます。
ベルトは主に革製のもの、金属製のものがありますので、
用途に合わせて使っていきましょう。
腕時計を巻いたときに、革製のものを身に着けると、フィット感が高く、高級感も出ます。
難点としては、長さ調節が「短くする」ことしかできず、一度短くしたものを伸ばすには買いなおすしかありません。
腕のサイズが変わった時に少し面倒ですが、
盤面が金属製の場合、皮でカジュアル感を演出できるので、時計のデザインと合わせましょう。
金属製のものは、細かいパーツをネジで結びつけているので、
パーツの組み合わせで長さ調節が可能です。
夏場につけていても、蒸れにくい点もいいです。
金属製のもので揃えると、全体の高級感が増すので、ビジネスシーンや、パーティーなどで、
見栄えがします。
どちらのタイプのベルトに切り替えができる時計もあるため、どちらも楽しみたい人にはお薦めです。

腕時計のベルトのメンテナンスについて

腕時計を毎日利用する事で汚れなどが生じる事になります。
特に時計の裏面の裏蓋やベルトと言うのは肌に密着するため、汗などにより汚れが付いてしまう事も多いものです。
また、腕時計は毎日利用するため、意外と掃除をせずに放置しがちとなります。
高級腕時計などのベルトと言うのは、革製のものと金属製の2つの種類が有りますが、腕にはめている事で汗で汚れが生じたり、肌で擦れるなどして表面に劣化が生じてしまう事も有ります。
腕時計の中でもブランド品などの時計は高価での買取りも可能になりますが、劣化が生じてしまう事で査定にも響いてしまうケースが在ります。
革製のベルトなどの場合、買取りのお店に持って行く前に、専用クリーナーを利用して磨き上げてあげる事で皮の持ち味が戻りますし、金属製のベルトの場合は、金具の隙間などに詰まっている汚れを爪楊枝や使い古しの歯ブラシなどを使って取り除いてあげる事で汚れが落ちると同時に臭いも落とすことが出来ます。

pickup

プロポリス
http://www.yakuin-organic.co.jp/lp/propolis/

Last update:2016/11/16